行き当たりばったり人生

アクセスカウンタ

zoom RSS サスペンションメンテナンス⇒スプリング交換へw

<<   作成日時 : 2008/01/27 16:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週は体調不良で作業ができなかった。

 某オークションを眺めていたら、HKSのスーパーフォルムサスペンション新品がアウトレット
で出品されていた。
 サスペンションを分解するのだし、純正オプションが思ったより車高が下がらなかったこと、
まあまあ安い、といろいろ自分を納得させて購入。

 で、フロントからまたやり直し。ついでにスタッドレスタイヤに履き替え。
 一度やっているのでフロント交換の作業は早かった。
 交換前は指4本入った隙間が1.5本ほどになった。いい感じ。
 しかし、予想通りというか、新しく買ったフロアジャッキが引っかかって出ない(泣
 安物ジャッキを片側にあて、何とか取り出す。
 スロープを買ってこないといけない。
 また、道路と駐車場が多少高低差がありスロープを上るのだが、今までの調子で入ると
フロントバンパーの底からいやな音が・・・。でもこれは最徐行で入れば問題なし。
 
 さて、リアのサスペンションの工程だが、まずはリアシートのはずし方から。
○座面を留めているM12ボルトを2本はずし、取り外す。
○シートバックを留めているM10ボルトを2本はずし一度上に持ち上げ、フック3箇所をはずす。
 ※感覚としては20cmほど上に上げてから手前に引っ張る感じだ。
  二人いれば楽なのだろうが一人でやる。
○シートバックをシートベルト3本くぐらせて取り出す。
○Cピラーカバーをはずす。クリップ止めなので強引に外す。
 ※あまり強引にやると割れるので注意。
○リアトレイをはずす。表面にクリップが2箇所あるので内張り外し用の工具を使うと楽。
○あとはクリップ止めなので大胆に外す。これはまず割れない。
○本来はシートベルトも外したほうがよいのだが、面倒なのでシートバックの位置までずらして おく。

 ここまでやってやっとアッパーマウントに手が入る。
○M12ナット2本をテンションが抜ける程度に緩める。
 ※隙間ができるまで以上に緩めたり、外してしまうと、下部ボルトを緩めることが
  難しくなるのでここまでにしておいたほうが無難。
○フロントタイヤに必ず車止めを必ずすること。
 ※車両単体ではフロントタイヤをロックできません。
○デフケースにジャッキをあて、ジャッキアップ。
○タイヤを外し、馬を架ける。
○ショック下部のM17ボルトを緩める。(ボルトはまだ抜かない)
 ※M17ボルトをM17ナットで留めてあるので、車両前側の方をメガネレンチで地面を利用
  して固定すると比較的楽に作業ができますが、とにかく硬いので、あらかじめ
  ディーラーなどで緩めてもらっておくと楽かも。
○アッパー側ナットを外す。
○下部のボルトを抜く。
○ストラットを外す。
 ※このとき、フロントに比べるとかなり楽に取れるので、落としたりぶつけたりしないように
  注意。一度下に下ろして上側を手前に引くようにして抜く。
○ストラットの分解、清掃、組み立て。フロントとほとんど一緒。
○ストラットの組み付けは逆手順。

 全体的な注意として、整備書は必要部分だけでもディーラーでコピーさせてもらったほうが
いい。 整備書で交換不可のナットなどは必ず取り寄せて交換すべきである。それなりの
理由があるから交換不可なのだから。(主に緩み留が効かなくなる理由から)

 スプリングをばらした状態では、純正オプションとHKSとで高さに違いはほとんど無かったが
HKSの方が巻き数が多く、間隔が狭い。
 今現在、HKSのホームページで該当商品が確認できないので感覚だけの話になるが、
純正オプションと比べ、硬さはほぼ同一か柔らかい位。車高は4cm〜5cm位落ちたので、
純正ノーマルから6cm〜7cm落ちる計算だ。

 作業をする上で、スプリングの圧縮が結構きつかった。まあそんなに頻繁にやる作業でも
無いので、いい運動だったと思うことにする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サスペンションメンテナンス⇒スプリング交換へw 行き当たりばったり人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる