行き当たりばったり人生

アクセスカウンタ

zoom RSS ER34 フロントパイプ取付

<<   作成日時 : 2015/01/10 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





連休初日、天気が良かったので先日買ったフロントパイプの取付を行った。
ディーラーで工賃見積もりしたら約1諭吉・・・自分でやります。はい。
今回はちょっと写真を撮ってみた。

まずはジャッキアップ&リジットラック。
まだ死にたくないので、リジットラックは必須。油圧ジャッキは保険に残しておく。
リジットラックをフロントに一番高くして設置。作業スペースは取れそうだ。

次にアウトレット側3本、触媒側2本、取付ステー部2本の各ナットに先日買ったCRC5-56DXを吹き付け。
ここで煙草を一服し、浸透を待つ。

触媒側(14o)と取付ステー(13o)は比較的簡単に緩んだ。
問題は固着がすごいと噂のアウトレット側(14o)。
一番小さいラチェット、比較的短いトルクレンチではビクともしない。
手持ちでは一番長いトルクレンチを使い、体全体に力を入れ回してみる。
パキッという音がした。

いける。

結果アウトレット側3本ともトルクレンチで緩んだ。
(本来、トルクレンチはこんな力技で緩めるために使ってはいけません。)
トーチとかナットクラッカーを使わずに済んだ。
良かった良かった。

外した純正がこれ。
画像


新旧比較
画像

画像


後は取り付けるだけ。
と思ったら、アウトレット側のボルトを締め付ける際、耐熱バンテージが邪魔をしてソケットが入らない。
ので、アウトレット側のバンテージを1巻き分カットしてソケットが入るスペースを作る。
結構シビアな取付スペース。
当たり前だが、バンテージを巻かなければこんな問題は出ない。

で取り付け再開。
付けた状態がこれ。
画像

画像


規定トルクで締め付けた後、エンジンを掛け、アクセルをあおり、軽く熱入れ。
で、増し締め。しっかり締めたはずだが、結構増し締め量があった。

高速1区間とお山を軽く試走。山頂で休憩してたら車両下から煙がモクモク(゚Д゚;)
排気漏れかと思ったが、耐熱バンテージに焼きが入った煙でした。

インプレ
 フロントパイプ等排気系を太くするとトルクが無くなると言われているが、そんなこともなく、エンジンが軽く回るようになった。
ブーストは多少上がるかと思ったが、逆に下がってしまったのでEVCを再調整。なぜ(。´・ω・)?
エンジン音というか排気音は、音質が変わったのか少し静かに感じる。
まあ軽快なエンジンになりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ER34 フロントパイプ取付 行き当たりばったり人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる