行き当たりばったり人生

アクセスカウンタ

zoom RSS エンジン不調の解決策についての独り言。

<<   作成日時 : 2015/11/10 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





主に電装系の不調で、今までに様々な部品を交換したりオカルト系を試してみたりした。

それなりに効果あったもの、感じられた「気がする」もの等々あったが、今回最終的に試したヒューズの接点回復は、確かに効果があった。
低回転からトルクが厚くなり、運転しやすい。燃費にも影響あると思う。
たぶんだが、ヒューズの接点が復活したことにより、インジェクターや燃料ポンプ、ダイレクトイグニッションコイルが本来の働きをするようになったのではないか?


電圧降下に対して、オルタネーターを強化品に交換しても一瞬エンストするような電圧降下問題は結果解決しなかった。
ただし、夜間走行時のライトが明るくなったり暗くなったりはなくなったので、交換した意義はあった。

バッテリーマイナスにつながるアースポイントの強化も少なからず効果はあった。

点火タイミングの不信感からクランク角センサーの交換をしたが、これは無駄骨だった。(予防措置と考えよう)

私の愛車、ER34ももうすぐ18歳。
いろいろな不具合が出ては修理をしているが、電装系が絡む場合、ヒューズが切れていなくても、接点が酸化して導通不良になっている場合があることを今回学んだ。


【今回の教訓】

電装系の不具合解決はヒューズの抜き差しから ( ..)φメモメモ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エンジン不調の解決策についての独り言。 行き当たりばったり人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる