行き当たりばったり人生

アクセスカウンタ

zoom RSS ER34 ブーストのタレの対策 その1

<<   作成日時 : 2016/10/23 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





吸排気系を一通り交換し、抜けが良くなったことで顕在化した2速3速でのブーストのタレ。
当初、タービンの限界と思ったが、ネットを徘徊すると、スポンジタイプのエアクリーナーは、高負荷時につぶれて、吸気効率が悪くなることがある。と書いてある記事を見つけた。

現在のエアクリーナーの仕様は、HKSの純正交換スポンジ3層タイプ。
もしかしたらと思い、昔購入していたが、音がうるさいため封印していた、トラスト製のエアインクスタイプBなる毒キノコタイプのエアクリーナーに交換してみた。
これのフィルターは、10年以上ほったらかしで、ボロボロのグズグズだったため、密林で200φ互換フィルターを購入し交換してみた。

で、早速実験開始。
   ・
   ・
   ・
ブーストがほとんどタレない。

うん、タービンではなく、エアクリーナーの限界だったようだ。

しかし、この毒キノコタイプ。やはり音がうるさい。
私は、吸気音がうるさいのは好きではないので純正エアクリーナー交換タイプで高効率のものを探すべくネット徘徊。

行きつくのはK&N製のもの。
湿式はホットワイヤー式のエアフロと相性が悪いとの意見もあるが、今まで生き残ってきているのにはそれなりの実績があるのだろう。

ちと高価だが早速手配してみた。

インプレはその2で書く予定。

その2へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ER34 ブーストのタレの対策 その1 行き当たりばったり人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる