行き当たりばったり人生

アクセスカウンタ

zoom RSS ER34 高速シミー現象再び その対策(ちょっと追記)

<<   作成日時 : 2017/12/14 22:12  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0





ステアリングをMOMOに変えたとき、純正より軽くなった分ハンドルのブレに敏感になったため、多少の高速シミーを感じていたのだが、あまり気にせず(しないように)していた。

先日、アルミホイールを純正(ネット情報では11.6s/本)からエンケイPF07(カタログでは9.3s/本)に交換した。
1本あたり約2.3kg軽量化した計算だ。
そのためか、ハンドルのブレ、所謂高速シミー現象が顕著になり我慢できなくなってきた。

以前、その対策に実績のあったホイールナットの交換については、ホイール交換をしたときにBS系列であるタイヤ館で新品を購入しているのでとりあえず保留。
ホイールナットの締め直しも試してみたが効果なし。
(過去記事を読み返してみたら昨年5月の話だったのね・・・)


さて・・・
まずは基本を押さえ、ホイールバランスのとり直し。

予想通り効果なし。



うん、ネット徘徊で情報を探す。
 ・
 ・
 ・
ジムニーの記事しか出てこねえじゃねえか(# ゚Д゚)

気を取り直して探し続ける。


いくつか原因の候補が上がった。

まずはブレーキローター。
ブレーキ鳴き対策の時に交換して保管してあったほぼ新品のローターがあるので交換してみる。

が、効果なし。


次にフロントハブベアリング。
ガタは無いがそろそろ交換しておきたい部品でもあったし。
ちなみにリア側は事故修理の際に交換してある。

ちょうど?NVCSのソレノイドバルブとパワステホースからのオイル漏れ修理をすることから同時にディーラーで交換をお願いする。 お金が飛んでいく〜

でも効果なし(´;ω;`)

次に考えたのがユニフォミュティバランス。
ざっくり言えばタイヤとホイールを絶妙に組み、真円度を高めること。

施工してくれるところを探すが近所はもとより県内、近県にもない。
 ・
 ・
 ・
ひとまず保留。


で、気になったのがタイロッド。

高速シミーでの関連記事は1件しか見つからなかったが、タイロッド関連の記事がなかなか興味深い。
車高を落とすとタイロッドがバンザイするが、このバンザイ状態がロールセンター等色々悪影響を及ぼすようである。

で、ちと自分でも考えてみた。

サスが上下すると当然タイロッドも上下する。(上と下の移動量は同じと仮定。仮に15度としておこう。)
タイロッドが水平の時、上下した時のエンド部の水平移動量は当然同じ。

【追記1】
この時、サスの上下によるタイロッドの水平移動は上下ともトーアウト側に振れることになる。
COS15度≒0.966なので0から0.034の間で振れることになる。
【追記1ここまで】

ところが、タイロッドがバンザイした状態のとき。仮に15度バンザイしていたとすると(水平長COS15度)
サスが縮んだ時は水平から計30度の角度が付く。(水平長COS30度)
サスが伸びたときは水平、つまり0度の角度となる。(水平長COS0度)
この時のエンド部の水平移動量を計算してみると、なんと約3倍の差が出る。

【追記2】
まず、バンザイ時の水平移動はCOS15度≒0.966
で、サスが縮んた時の水平移動がCOS30度≒0.866
ここで0から0.1の間でトーアウト側に振れる。
次にサスが伸びたとき、COS0度=1.000
この時0から0.034トーイン側に振れる。
トータルで考えるとトーイン0.034からトーアウト0.1の合計0.134振れることになる。
【追記2ここまで】

つまり、ノーマル車高に比べると、サスの上下によるトー変化が【0.134÷0.034】で約43倍大きくなるということになる。

【追記の追記】
これってバンプステアっていうんだね。知らなかった。(*ノωノ)

これは対策すれば期待ができる。
ガタもあるかもしれないし・・・

で、早速物を探す。
バンザイ解消タイロッドエンドは結構ヒットするが、値段と自分の中での実績でGP SPORTS製の強化タイロッドエンドに決めた。値段もそんなに高くないし。

ついでに、タイロッド(エンドじゃないよ)のボールジョイントの寿命も気になったのでこいつも交換してみることにする。強化品だし切れ角アップアダプタもついてるし。

自分で交換できるのだが、面倒だし寒いし、何より先の修理のダメだしがあったのでディーラーに丸投げ。
年かな・・・

で、交換後がこれ。
画像

画像


とりあえずバンザイはしていないようである。

ディーラーで交換前のタイロッドの状態を聞いてみた。
曰く、ボールジョイント(タイロッド部、エンド部共)は動きが軽くなっていたが、ガタは無かった。

・・・これは期待薄かな。

早速試走。
 ・
 ・
 ・
ん?
これは・・・
ほとんどブレなくなったか?

何度か高速シミー現象が発生したスピード域を行ったり来たりしてみた。

うん、確かに効果あり。
まったくではないが、ほぼ収まった。

結論。
原因はタイロッドのバンザイ。\(^o^)/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ER34 高速シミー現象再び その対策(ちょっと追記) 行き当たりばったり人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる