ER34 コンデンサーファンを増設してみた。

前々から懸念のアイドリング時の水温&油温の上昇。 オイルクーラーを取付けたことにより緩和されたのだが、やはり純正カップリングファンがうるさい。 もしかして他のモーター同様、コンデンサーファンのモーターもヘタッているのか? 交換してみるのも手かと思い、値段を調べる。  ・  ・  ・ 純正はやっぱり高いな…
コメント:2

続きを読むread more

過去のメタライザーの記事について。

最初に言っておくが、現在、オイル添加物的なものは一切使っていない。 使わない理由はいろいろあるが、コンプレッションも良好で、根本的に必要を感じなくなったから。 特にメタライザーに関しては、復活させた金属なのに、なぜ継続使用しなければならないのか?と矛盾を感じたから。 今後使うとしても、ワコーズの遅効性フラッシングオ…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 オイルクーラーを取付てみた。

ず~と気になって色々対策をしてきたアイドリング時の水温上昇。 今まで不要と考えていたオイルクーラーを取付けることにした。 物は某オークションで物色。 ハードな走りもするわけでもないので、7段コアを選択。 ER34が出た当時あった純正オプションのオイルクーラーも7段だったし。 コアを固定するにあたって…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 運転席パワーウインドウレギュレーターモーターを流用・交換してみた。

先日、運転席のパワーウインドウの動きが悪かったことからグリスアップを施工したところだったが、ここ最近また動きが悪くなってきた。 エンジンがかかっていればまあちょっと動きが悪いかな?程度だが、バッテリーのみで動作させると今にも止まりそう。 これって、モーター逝ったかな? ということで、ばらして確認してみたところ、…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 集中ドアロックを修理してみた。

前に予告していた集中ドアロックの修理について、部品が揃ったので早速修理に取り掛かってみた。 症状としては、キーレスコントロールでの開閉で、運転席以外のドアロックが動作しない時がまれに起こる。 8月中旬の猛暑の時、顕著に症状がでた。 ドアロック開閉を連続で動作させると早い時で2回目にはうまく動作しない症状が出…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 ラジエターファンシュラウドを断熱してみた。その3

図らずも第3弾となってしまったカップリングファン交換シリーズ。 さて、GKTECH製ファンでアイドリング時に水温が110度を超えたことから、今回、純正ファンに戻してみた。 前回、純正ファンを使ったとき、ファンの音が大きかったことから、ファンクラッチが正常に動作していないのではないか?という疑念があったことから、今…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 ラジエターファンシュラウドを断熱してみた。その2

先日ファンシュラウドの穴を塞ぎ、断熱施工をしてみたところだが、この時、純正ファンに戻してとりあえずアイドリング状態だけの検証で終えたところだった。 本日(もう昨日か)通勤に合わせて走行時の検証を行った。  ・  ・  ・ 五月蠅い。 こんなに五月蠅かったっけ?純正ファン。 ファンクラッチを交換したから、…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 ラジエターファンシュラウドを断熱してみた。

先日、効率40%アップと謳い文句のGKTECH製カップリングファンに交換してみたが、停車時や渋滞時の水温上昇には結果ほぼ効果が無かった。 私が使っているのはHPI製のアルミラジエター。 調べてみると、アルミは熱伝導率が良い、つーか良すぎるため、走行時の放熱はすごく良いが、停車時や渋滞時には、エンジンルーム内に…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 右フロント(運転席)パワーウインドウをメンテナスしてみた。

運転席のパワーウインドウが今年もまた渋くなってきた。 明らかに動きが遅い。 と思ったら、いきなり止まった。 やばい、窓が閉まらない。 しばらく放置したら何とか動いたので、暑さでモーターがやられたのかもしれない。 FASTで値段を調べてみる。  ・  ・  ・ 約35,000円・・・Σ(゚Д゚…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 ガスっぽい匂いの原因が解消されたっぽい。

何時からだろう。車内がなんかガスっぽい匂い、硫黄ともちと違う。敢えて言うならプロパンガスっぽい匂いがするようになった。 高速走路で窓を開けると不意に匂いが飛び込んでくる。 SAでボンネットを開けてエンジンルーム内をくまなく嗅いでも分からない。 なので、とりあえずエキマニ以降の配管を増し締めしてみたり、キャニスタ…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 カップリングファン&ファンクラッチを交換してみた。

さて、先日準備をしたカップリングファンとファンクラッチ。 夜になって涼しくなってきたので交換をしてみた。(それでも27度。おぃ。) 予想通り、ラジエターの厚みがありすぎて、ファンシュラウドが素直に取れなかったので、ある程度ずらしたところでファンクラッチを引きずり出した。 クーラントはコロ助を使い、アッパータンク…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 カップリングファン&ファンクラッチを買ってみた。

よくコメントをくださるみんカラの住人さんの記事にカップリングファンが載っていた。 特に今の時期、駐車場でエンジンかけたままエアコンオンで休憩していると水温がガンガン上がって、下手すると110度まで上がってしまう。 今は、休憩時はボンネットを開けて対処しているので、何とか95度で収まっているが、停車時のラジエターの冷却…
コメント:4

続きを読むread more

ER34 ソリッドシフターブッシュ(GKTECH製)を付けてみた。

前々から興味のあったシフトレバーのソリッドブッシュ。 昔色々探してみたが、明確にER34用を謳っているものがなかったことからいつの間にか記憶の彼方に・・・ まだ部品が揃っていないので交換、記事にはできないが(後日記事にする予定)、当ブログに時々コメントをしてくれるみんカラの住人さんが導入した部品が気になり、GKT…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 サクションパイプ(KTS製)に交換してみた。

お盆休み初日。 以前注文し、物はとっくに手元にあったのだが、なかなかやる気が起きず放っておいたKTS製サクションパイプを(物理的にも)重い腰を上げ、やっと取り付けることにした。 天気は曇り。取り付け日和。か?とても蒸し暑かった。 物はこれ。ちなみに取り付け手順書は付属して無い。 純正形状と異なるため、ちょ…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 オイル漏れのためステアリングラックを交換してみた。(シミー現象も解消)

 先日の話だが、ステアリングを切ったときに多少の違和感があったことから、ディーラーにてステアリングラックを中心に下回りを見てもらったところ、見事にオイル漏れ(滲み)が発見された。  以前、強化タイロッドに交換した時、切れ角アップアダプター、俗に言う知恵の輪を入れたのが原因か?とも思ったが、ディーラーの見解はただの寿命と…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 パワーチェックしてみた。(2回目)

 ブースト設定ができたので(ギア毎はまだ)パワーチェックをするためにスーパーオートバックスかしわ沼南店へ行ってきた。とりあえず渋滞がひどかった。腰が割れるくらい痛かった。  前回パワーチェックを行ったのはスーパーオートバックスでも東雲店。比較という意味で今回も東雲店でパワーチェックを行いたかったのだが、予約するため…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 現在の仕様(覚書) 2019/5/6現在 8/11追記

仕様変更があったので覚書更新 【冷却関係】 ラジエター:HPI EVOLVEライトSH アルミ製 40mm ラジエタークーリングパネル:オクヤマ 【吸気関係】 エアフィルター:K&N エアクリーナー リプレースメント(純正エアクリの蓋を加工) エアフロ:いわゆるR35エアフロ エアフロ吹き返…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 ブーストのタレ対策のため、エアクリーナーボックスを加工してみた。

 前回の続き。  ブーストコントローラーを交換し、細かく制御をかけてもブーストのタレは収まらなかった。  ここで、ふと思い出す。  以前、ブーストのタレを解決しようとエアクリで色々実験したことを。  あの時は、結果改善されなかったのだが、もう一度試してみようと再実験。  エアクリのボックスの蓋を取り外し…
コメント:4

続きを読むread more

ER34 TRUST PROFEC ブーストコントローラーに取り換えてみた。

 ブーストコントローラーは、今までHKSのEVC-Sを使っていた。  所々使いづらい面もあるが、何より設定が簡単だったので、多少我慢しながら使っていたが、何気にネットを徘徊していたら、TRUSTのPROFEC、ブーストコントローラーを買うときの候補の一つだったのだが、PROFEC MAP というオプションがいつの間…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 プラグ交換してみた。

久々のブログ記事アップ。 実は前回の記事アップからこれまで、いろいろあったのだが、面倒だったので放置していた。 書かなったこと1 高速走行時のボン!という音とともにエンジンストール。 結果、インタークーラーのパイピングの抜け。 無理やりインターまでたどり着いたはいいが、たぶん無理しすぎたためO2センサー…
コメント:0

続きを読むread more