ER34 高速シミー現象とその解決





前回タイヤを交換した際、それまで使っていた軽量ホイールが原因と思われる高速シミー現象に悩まされ、純正ホイールへ戻した。
それでもなお、以前よりはましにはなったが、一定の速度域で高速シミー現象が発生した。

タイヤを交換した黄色い帽子でも、ディーラーでも、懇意にさせてもらっている修理工場でも、原因はホイールバランスが取れていないとの回答。
しかし、タイヤを交換した際には当然バランスはとっている。
その後さらに再度バランスを取り直してみたが大した狂いは見られなかった。

ディーラーにて、フロント回りを点検してもらったが異常はなし。

ネット徘徊してもやはりホイールバランスが原因との意見である。

試しに4輪アライメントも取り直してみたが改善は見られなかった。
 ・
 ・
 ・
さて、どうしたものか・・・


更にネット徘徊をしてみる。

ホイールナットの一部にロックナットを使っていたが、すべて同じホイールナットに統一したところ、高速シミー現象が収まった旨の記事を見つけた。

しかし、私はすべて同一のホイールナットを使っているので関係ないかな・・・とも思ったが、藁にも縋る思いでホイールナットを交換してみることにした。

思い返せば、以前アルミホイールを交換したとき、くたびれていたホイールナットを新品に交換していた。
協永産業製のものだったので、物としては悪くないはずだと思う。

今回、ニスモのホイールナットも考えたがいかんせん高すぎる。
ので、一応ブランド品であるブリヂストン製のホイールナットを注文し、交換してみた。

交換にあたり、手締め、トルクレンチで一歩手前まで、規定トルク締め。と3段階で丁寧に締め付けてみた。
後輪は、サイドブレーキを引いているとローターが固定されてしまうため、サイドブレーキを解除して締め付けてみた。
なお、交換した古いナットのテーパー部は不均一にメッキがはがれていた。


慣らし走行でナットの緩みも発生するだろうから、トルクレンチをもって50kmほど軽くドライブ。
コンビニの駐車場で増し締めを行った。

で、高速道路で高速シミー現象の確認。

結果、現象はほぼなくなった。微妙なハンドルの震えがなくなった。
現象をそれと確認するためでなければ気にならないレベルまで落ち着いた。

今後も様子見だが、とりあえず解決してよかった。

ナット本体が原因だったのか、ナットの緩みが原因だったのか、締め付け方法に問題があったのかは今となっては分からないが、ホイールナット廻りが原因だったことは間違いない。

こんな原因わかるか(#^ω^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント