ER34 サクションパイプ(KTS製)に交換してみた。





お盆休み初日。
以前注文し、物はとっくに手元にあったのだが、なかなかやる気が起きず放っておいたKTS製サクションパイプを(物理的にも)重い腰を上げ、やっと取り付けることにした。
天気は曇り。取り付け日和。か?とても蒸し暑かった。

物はこれ。ちなみに取り付け手順書は付属して無い。
IMG_E4472.JPG
純正形状と異なるため、ちょっと不安。付くべきところに付くのだろうが、念のためKTSさんに確認したところ、取り付け中の写真を送ってもらったので参考にしながら取り付ける。

金属製サクションパイプ。私が調べた限りではほかにはHKS製がある。しかしHKSの物はエアクリ交換必須。
純正エアクリボックスに変なこだわりを持っているのでKTS製を選んでみた。
ちなみにKTSさんでは純正エアクリ対応は謳っていません。ダメだったらその時考えよう。的な。

今までのサクションパイプ。
IMG_E4471.JPG
e-bayで買ったシリコン製ワイヤー入り。
これでも十分な気もするが、ブースト1.2に耐えられるか不安だったのとほぼ衝動買い的ななにか・・・により今回交換。

取り外し
IMG_E4469[1].JPG

お約束のタービン
IMG_4470.JPG
軸にガタは全くなかった。良き良き。

途中経過
IMG_E4474.JPG

ここで純正やシリコン製サクションパイプの偉大さを知る。
金属製サクションパイプ。取り回しが非常にタイト。
取り付け時のちょっとした逃げがほぼ無理。
ホース接合部のシリコンホースのわずかな逃げで何とかした。

取り付け完了
IMG_E4478.JPG

うん、腰が痛い。
純正エアクリボックスの取り付けも問題なし。


で、軽くインプレ。
ブーストのかかり始めあたりの音が変わった。うまく表現できないが、共鳴?なのかな?経験のない音にちょっとエア漏れを疑うが、ブーストもとりあえず掛かるので大丈夫。だと思いたい。

暑さでHP0につき、全開ブースト等は後日追記する予定。

【追記】
夏用ブーストコントローラー設定も兼ねて試走してきた。
先に書いた音についてはなぜか消えた模様。
配管漏れも無く高回転時のブーストのタレがブーストコントローラーの設定で消せた。
ので、やはり高ブーストにはワイヤー入りでもシリコンのサクションパイプは強度不足だったのかもしれない。


KTS サクションパイプ スカイライン ER34 サクションキット 冷却 クーリング【店頭受取対応商品】 - 車高調 ダウンサス プロ取付店KTS
KTS サクションパイプ スカイライン ER34 サクションキット 冷却 クーリング【店頭受取対応商品】 - 車高調 ダウンサス プロ取付店KTS

この記事へのコメント

sinkiti
2019年08月12日 13:19
お疲れ様です。

KTSからもでていたのですね。
HKSのは車外のブローオフバルブを付けるとパイプとホースの取り付けがいびつになります。

暑いので作業も一苦労ですね。

のらくろ3等兵
2019年08月13日 23:57
sinkitiさん
コメントありがとうございます。
何かの拍子にたまたま見つけたので、ほぼ衝動買いでした。
躊躇するといつの間にか生産中止ってなことが多々ありますので。(何度後悔したことか・・・)
ブローオフバルブとの取り合いですが、私はトラストの物を付けているのですが、純正配管では多少歪になっていたのがKTS製では素直な取り回しにできました。
各ジョイント部がシリコンホースで多少長さに自由度が持てるのが良いですね。
今日も試走してきましたが、アクセルのツキが良くなった気がします。山道が楽しいw