ER34 エキマニ&アウトレットパイプの異音対策をしてみた。(その1)





エキマニとアウトレットパイプ交換後、エンジンの吹けも問題なく、高回転域では気持ち良いサウンドを奏でる。
しかし、低回転域、具体的にはアイドリング域の700回転から4000回転手前まで、アクセルを踏み込むとカタカタというかペチペチというかメカニカルな異音が発生する。

ノッキングのような音で非常に気になる。精神衛生上よろしくない。

ということで、異音解消をすべく色々試してみる。

nistuneでマップトレースして異音発生の点火マップを遅角させてみる。
変わらない。
さらに燃料K定数を増量してみる。
気持ち静かになったか?
多分変わらない。

次に試すは燃料添加剤。
PITWORKのF-Premium。ちょっとだけ高級品。
ガソリン30~60リットルに1本となっている。
ER34は満タンで60リットル強。
なので2本投入してみた。

20分ほどアイドリングしてから試走。

異音が消えた。\(^o^)/

喜んだのもつかの間。
再度異音発生。orz

今度はプラグ交換をしてみる。
IMG_4716.JPG
NGKのイリウェイ8番。左から右へ1番~6番。
比較すると3番と4番がちとかぶり気味で5番がやけ気味か?

今度はレーシングプラグを奢ってみた。9番を選択。
IMG_4717.JPG

交換の際、念のため圧縮も測ってみたが6気筒とも10kg/cm2以上あったので問題ないと思う。

で、試走。
 ・
 ・
 ・
駄目だ。異音が消えない。⊂⌒~⊃。Д。)⊃

今回はここまで。

燃料添加剤は都合8本用意したので継続利用してみる。

次はNVCSのソレノイドバルブとO2センサーの交換を試してみる。
SRエンジンではエンジン異音の原因の大半がこれらしい。

駄目なら更にNVCS絡みでイン側のカムスプロケットの交換を見据えてみる。
多分10万コース。(´;ω;`)

とりあえず、ディーラーのメカニックに音を聞いてもらおうと思う。
もしかしてエキマニが悪いのか?(本末転倒)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント