ER34 カップリングファン&ファンクラッチを交換してみた。





さて、先日準備をしたカップリングファンとファンクラッチ。
夜になって涼しくなってきたので交換をしてみた。(それでも27度。おぃ。)

予想通り、ラジエターの厚みがありすぎて、ファンシュラウドが素直に取れなかったので、ある程度ずらしたところでファンクラッチを引きずり出した。
クーラントはコロ助を使い、アッパータンク分だけを抜き、省力化。
全抜き&エア抜きなんてやってられない。

新旧比較
IMG_4505.JPG
やはり羽の大きさが小さい。
羽の枚数は9枚から10枚に増えているが、風量的にどうなんだろう?
40%アップというのは過大な気がする。

羽の計はほぼ同じようだ。
IMG_4506.JPG

ここで古いファンクラッチのゼンマイみたいなサーモスタットのばねを見てみる。
IMG_4507.JPG
そこそこ錆びているが問題ないように見える。
写真には撮らなかったが、ばねの上部を外して、ファンクラッチの調整部の動きを確認してみた。
真ん中のぽっちが回転して、回転抵抗を変える仕組みらしい。

うん、全然回転抵抗が変わらない。
分解したかったが、分解するためのネジ等、とっかかりが分からない。つーかネジ一つ無い。
どうやって封入したのだろう?

回転軸部分
IMG_4509.JPG
オイルがに滲んでいる。やはり寿命だろう。

参考までに新しいファンクラッチのサーモスタット部
IMG_4508.JPG
当たり前だがピカピカ。

取り付け
IMG_4510.JPG

さて、交換の目的である、停車アイドル時の水温の抑制効果はどうだったか・・・


結論から言えば、ほぼ変わらず。
正確に時間を測ったわけではなく、感覚的なものだが、多少温度上昇の速度が遅くなったかな?程度。
エアコン全開だと平気で110度を超える。

正直参った。

しかし、走行時はそれなりに冷やしてくれるみたいだ。

ファンとファンクラッチを同時に交換したからファン自体の効果が感じられない。

う~ん。どうしよう。
ファンを純正に交換して追試してみようかな・・・

"ER34 カップリングファン&ファンクラッチを交換してみた。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント