ER34 燃圧レギュレーター交換

仕様変更に伴う再セッティングにあたり、燃圧を車内で管理するべく、Defiの燃圧計(リンクディスプレイ&燃圧センサー)を導入した。(写真無し) Defiの旧リンクメーターだが、ブーストとの差圧表示もできるのでそこそこ便利。 リンクディスプレイ導入によりスピードメーター等も表示できるようになった。(使わないけど。) …
コメント:0

続きを読むread more

ER34 愛車帰還

2週間ほど前、やっと愛車が戻ってきた。 整備した個所は前回書いたとおり。  ヘッドガスケット TOMEI製 メタルヘッドガスケット 87Φ1.5㎜  タービン      TOMEI製  ARMS M8265 タービンキット   カム        TOMEI製 ポンカム PONCAM TYPE-A 252度 …
コメント:0

続きを読むread more

ER34 プチオーバーホール計画

現在、ブーストを0.85を上限と決めているが、走行距離も12万㎞も超えたことだし、オーバーホールを兼ねてヘッドガスケットの交換を考えてみた。 どうせなら、メタルガスケットにして、厚みも増やし圧縮比を下げておきたい。 で、ヘッドガスケットを交換するとなるとあちこち補器類を外さなければならないことから、工賃が高い。(…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 現在の仕様(覚書)2017/07/16更新

仕様変更があったので覚書更新 【冷却関係】 ラジエター:M2販売 銅2層・32mm ラジエタークーリングパネル:オクヤマ 【吸気関係】 エアフィルター:K&N エアクリーナー リプレースメント サクションパイプ:中華製 シリコンパイプ(ワイヤー入り) インタークーラー:純正圧力損…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 ブリッツ製インタークーラー取り付け

排気温度計を取り付け、チューニングの幅が広がった。というか情報が増えたのでより綿密な壊さないためのセッティングができるようになった。 今の燃調では高負荷時に排気温度が高くなりすぎていたことが判明。点火時期の進角ではノッキングにより対応できない。 仕方がないのでとりあえず燃料を濃くしておいた。 ネット徘徊して…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 排気温度計の取り付け

なかなか時間が無くて書き込めなかったが、3週間ほど前に排気温度計を取り付けた。 メーターが増えるのを嫌ったのと、nistuneにシリアル経由で取り込めることから排気温度計と同じPLX製の排気温度計を購入した。 (まあ、発送は代理店のTOMEIからでした。) センサーの取り付け径は1/8npt。 タップと8.2…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 初パワーチェック

連休も終盤。 愛車の現状を把握すべく人生初のパワーチェックを行ってきた。 ネット徘徊でしらべるに、我が家から近いのは仙台のスーパーオートバックス仙台ルート45。 電話で照会したら、今月中は予約で埋まっているそうな・・・ 次に近いところだとスーパーオートバックス東京ベイ東雲。 ちと遠い。さらに、Uター…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 ヘッドライトリペアレンズ交換

前々からヘッドライトのくすみが気になっていた。 表面上のくすみは磨きで解消していたため、見た目はそれなりに綺麗だったが、夜ライトをつけるとレンズ素材そのものなのだろう、くすみが目立つ。 これはもう経年劣化のため、交換しか手が無い。 我がスカイラインのヘッドライトはキセノン仕様。 純正品だとキセノンバナーが付か…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 マフラー取替 HKSスーパーターボマフラー

現状、マフラーに特段不満があるわけでもなかったが、ネット徘徊をしていたら、HKS スーパーターボマフラーが目に留まってしまった。 うたい文句は【低排圧と静粛性を融合させた技術の粋 「高次元のターボマフラー誕生」】 さて、このHKSスーパーターボマフラー。 ネット徘徊してもER34の取り付け例が見つからない。…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 ROM書き換えと空燃比計取り付け 4/22追記

今まで書いていなかったが、最近、自分でER34のコンピューター(ECU)書き換えに挑戦している。 著作権の観点から、マインズはもとより、ROM屋さんに書いてもらったデータは一切流用しない。 一から自分で挑戦している。 乗り味のベンチマークはROM屋さんのECU。 とりあえず、これを目標に奮闘中。ベンチマークに…
コメント:5

続きを読むread more

パソコンネタ EVGA GTX1080 HYDRO COPPER購入(今更・・・)

特に目的も無いのだが、最近車にかまけてばかりだったので、たまにはパソコンを更新してみようと思った。 昔はIntelよりもAMD派だったのだが、FXシリーズのあまりの出来の悪さにIntelへ移行してしまった。 一応、FX-8150は発売当初、速攻で買ったのだけれど、すごくがっかりさせられた・・・ で、Intelへ…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 NISMOブレーキホースに交換

3月も中旬を過ぎ、徐々に温かくなってきた。 もう雪や凍結も大丈夫かと思い、冬タイヤから夏タイヤへ交換することへ。 ここ数年、このタイミングでブレーキフルードも交換しているが、今回、前々から興味のあった、NISMOのステンメッシュブレーキホースに交換することにした。 点検記録を確認すると、前回ブレーキホースを…
コメント:2

続きを読むread more

ER34 R35エアフロに交換 その2 (1/13追記)

本日早朝、書き換えられたコンピュータが届いた。 早い、朝早すぎるよ佐川さん。 色々所要もあったが、待ちきれなかったので、所要の合間の時間も利用しつつテスト開始。 ロム屋さん(ブログに名前を出して良いのかわからないので、あえて店名は伏せさせてもらいます。)からは、燃圧2.5から2.9までそれぞれ低負荷領域でテスト…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 R35エアフロに交換 その1

吸排気系を高効率化した際、吹き返し等の弊害が出たため、色々試行錯誤を繰り返してきた。 結果として、エンジンストールはなくなったが、皆無と思われたアフターファイアーが、気温の低下とともに再発してきた。 ER34等、日産旧車のエアフロ共通の問題の様であり、ネット徘徊してみると、数年前からR35エアフロ流用が一般化…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 ステアリング交換&フォグランプスイッチの移設

先日、衝動買いでステアリングを購入した。 物はmomoのNERO。 当初、安いこともあり、中華製のステアリングでお茶を濁そうかとも思ったが、youtubeにてとんでもない動画を見てしまったため、中華製は却下。 いやぁ、笑えるほど耐久性がなく、曲がり放題。 こんなものに命を預けるわけにはいかない。 で、ス…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 タービン吹き返しによるエンジンストールとその対策 その3

前回、エンジンストール対策をECUおよびエアフロの加工である程度抑え込むことに成功し、エンジンストールは以後していない。 しかし、吹き返しによると思われるアフターファイアーまでは完全に抑え込めず、結構気になっていた。 EIDSを再び取り付けたところ、アフターファイアーは完全に抑え込めた。 やはり吹き返し…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 ブーストのタレの対策 その3 エアクリーナーボックス加工してみた

前回、エアクリーナーをK&N製の純正置換型に変え、ブーストのタレ対策を試みたが、結果失敗に終わった。 純正エアクリーナーボックスの限界かな・・・という結論。 純正エアクリーナーボックスを見ると、エアダクトとボックスの接続部が結構絞られている。 ここで吸気限界を発生させているのかもしれないと思い、思い切ってエアク…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 ブーストのタレの対策 その2 (と、K&Nエアフィルターの品質)

さて、前回の実験からブーストのタレの原因が吸気不足であることが判明した。 毒キノコの五月蠅い吸気音を避け、純正エアクリーナー置換タイプでおそらく一番吸気効率の良いと思われるK&N製のエアフィルターを入手し、再度実験してみた。 結果、やっぱりタレる・・・(´;ω;`) しかし、HKS製のエアフィルターよりは多少頑…
コメント:0

続きを読むread more

ER34 ブーストのタレの対策 その1

吸排気系を一通り交換し、抜けが良くなったことで顕在化した2速3速でのブーストのタレ。 当初、タービンの限界と思ったが、ネットを徘徊すると、スポンジタイプのエアクリーナーは、高負荷時につぶれて、吸気効率が悪くなることがある。と書いてある記事を見つけた。 現在のエアクリーナーの仕様は、HKSの純正交換スポンジ3層タイ…
コメント:0

続きを読むread more