行き当たりばったり人生

アクセスカウンタ

zoom RSS ER34 オクヤマ フロントブレースバー取付け

<<   作成日時 : 2016/07/10 14:26   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0





ボーナスの季節。
前々から気になっていたオクヤマのフロントブレースバーを購入。
嫁には内緒だったが届いた物がでか過ぎたw

本日は晴天。取り付け日和。にしてはちと暑い。
届いたものはこれ。
画像

真ん中の丸いスペーサーは4WD用とのことなので出番なし。

車をリフトアップ&馬掛け。
画像


バーの前側はトランスバースリンクと共締め。なのでナットを外す。
画像

締め付けトルクが11.0Nm〜13.0Nmなのでかなり固い。
外す側のナットはメガネレンチしか入らない。裏側のボルト頭をトルクレンチで固定して何とか外す。
※トルクレンチの間違った使用法です。真似しないように。

ボディーの歪か、バーの誤差か、トランスバースリンクのボルトにバーの穴が左右同時にハマらない。
とりあえずハンマーでバーを叩いてみたところ、とりあえず左右ともハマった。
で仮止め。
画像


次にバーの後ろ側。
プレート型の差し込みナットをフレームの穴に通し、固定位置の穴にナットを届かせる。長さぴったり。
でこちらも仮止め。
画像


バーの固定個所は4か所。
トランスバースリンクの本締めは1Gが基本だが、ちょっと面倒だったので、リンクブッシュにシリコングリスを吹き付けお茶を濁す。
さっきの逆の要領で12.0Nmで締め付け。

後ろ側は新たなボルトなので締め付けトルクが不明。説明書にも記載は無い。
なので、手トルクで適当に。
後日増し締めする予定。

で、完成型がこれ。完全ボルトオン。
画像


なんだかんだで取り付け時間は1時間くらい程。


早速試乗&インプレ。

第一印象はフロントがかなりしっかりした感じ。
以前乗っていた車に初めてストラットタワーバーを付けた時の感覚に似ている。

乗り心地はかなり良くなった。サスがきっちり仕事している感じ。
今まではボディーがサスの硬さに負けていたのか、固有周波数が合っていなかったのか、
とにかくサスの収まりがよくなった。

ハンドリングはオーバーステアに変わった。
今までがアンダーステアだけだったのかもしれないが、よく曲がる。
鈍感な私でも剛性アップがはっきりわかる。
これぞフラットライド?

満足度は高いです。

次はフロアサブフレームかな。


7/11追記

剛性強化の副産物か、ミッションの入りが良くなった。



OKUYAMA (オクヤマ)CARBINGフロントブレースバー (スチール)スカイライン ER34
カーショップナガノ2号店
車名 型式 スカイライン   ER34  [備考]※スチール製 ○ お手数ですが、コメント欄に車名、


楽天市場 by OKUYAMA (オクヤマ)CARBINGフロントブレースバー (スチール)スカイライン ER34 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ER34 オクヤマ フロントブレースバー取付け 行き当たりばったり人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる