行き当たりばったり人生

アクセスカウンタ

zoom RSS ER34 R35エアフロに交換 その2 (1/13追記)

<<   作成日時 : 2017/01/08 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





本日早朝、書き換えられたコンピュータが届いた。
早い、朝早すぎるよ佐川さん。

色々所要もあったが、待ちきれなかったので、所要の合間の時間も利用しつつテスト開始。
ロム屋さん(ブログに名前を出して良いのかわからないので、あえて店名は伏せさせてもらいます。)からは、燃圧2.5から2.9までそれぞれ低負荷領域でテストし、一番良い燃圧を見出し、その燃圧でフルブーストのテストをする旨の指示があった。

現在の燃圧は、整備書に書かれている2.5。
燃圧をいじることで、燃費を含め、他に影響が出るのではないか、と抵抗があったことからロム屋さんに質問してみた。
回答としては、燃調を燃圧で燃料を調整しても、コンピュータで調整しても、結果として燃調は同じである。とのこと。(かなりざっくり書きましたので、正確ではありません。ニュアンスとしてです。)
なるほど、そのとおりである。目から鱗。

なので、燃圧を調整しながらテストしてみる。

とりあえず、燃圧を変えた時点で、NISSAN DATA SCAN 1で学習をリセットする。

1 まずは2.5から。
 普通に走れてしまう。何の問題もない。ただ、アクセルが軽すぎる感もある。
 プラグ(簡単に確認できる1番)をチェック。
 本当に薄っすらキツネ色?灰色?
 ちょっと焼けすぎかな?
 まあ大丈夫だろうと思い、ブーストを掛けてみる。
 (やはり、ロム屋さんが言う通り、燃圧をすべて試してからブーストをかけるべきでした。反省。)
 4,500rpm近辺でチリッ、チリッと音がする。
 これがノッキングか・・・初めての経験。数回試すがやはり同じ。
 プラグを点検すると真っ白け。
 燃調が薄すぎたようだ。

2 次に2.7。
 やはり普通に走れる。トルクが増したのか、2.5の時より走りやすい。
 ここでプラグチェック。2.5の時と同じ感じ。本当に薄っすら色がついている。
 さっきより燃調も濃くなったし、フィーリングもよりよくなった。
 ので、またもブーストをかけてみる。
 (しつこいが、全部試してからの方が良いに決まっている。反省。)
 さっきと同様、ノッキング音発生。
 今回は即終了。
 明らかにまだ薄い。

3 思い切って3.0。
 普通に・・・ていうより、明らかに調子が良い。エアフロ交換前と同様に思える。
 走りやすい。アクセルのツキが良い。トルクフル。
 やっぱり、今までが薄すぎたようだ。
 プラグの焼けを確認。前回までとほぼ同じ、本当に薄っすらの色付き。
 こんなものなのかな?(結果からいうと勘違い。)
 これで大丈夫と思いブーストをかけてみる。
 うん、ノッキング音もしない。明らかに速い。快適。
 プラグ焼けをチェックするため、フルブーストを繰り返す。
 が、あれ、今ノッキング音出なかった?
 何度か繰り返す。
 たまにノッキング音が発生。
 まだ燃調が薄いようだ。
 プラグの焼けを確認。
 真っ白けではなくなった。低負荷時の焼け方と一緒で本当に薄っすらと色が付いた。

ここでテスト終了。
今にして思うと、燃調が濃い方(安全側)から追っていくのが正解だわな。→馬鹿な私。(´;ω;`)

結果をロム屋さんに報告。早速回答が来た。レスポンスが良くて本当に助かる。

結果として
プラグの焼け(写真を送った。) → はほぼ正常。
ノッキング音。→ 燃調が薄い。(当たり前)全体的に燃料を濃くし、さらに4,000rpm以上で濃くする。
マフラー出口にススが付かないことも追加報告。 → ススが付かないのは燃調が薄い。
(ススが付かないのは良いことだと思っていたが・・・)

ということで、再セッティング。早速コンピュータを送った。

再書き換え後、再度同じテストをし、最適な燃圧を探さなければならないとのこと。
・・・面倒くさい。が、仕方ない。

ところで、
今回のテストで、R35 エアフロの利点が見えた。
まず、吹き返しによるストール、アフターファイアーが一切なくなった。レスポンスも明らかに良い。
次に、アクセルを緩めた後、再度アクセルを踏み込んだ時に発生していた一瞬のタイムラグとガクツキが無くなった。(これもタービン吹き返しによる影響が無くなったことによると思われる。)

次の書き換えで終われば良いな・・・


1/13 追記

さて、ROM屋さんからマップを変更したコンピュータが届いた。
前回と同様、燃圧を調整しながら様子を探る。

今回は、燃料が濃い3.0から始めた。
燃調を濃くしたということもあって、さすがに濃すぎる。プラグの碍子にススが・・・

で、結局燃圧2.5に落ち着いた。
さすがというかなんというか。

ここで高回転フルブーストを試す。
ノッキングは確認できず。プラグを確認すると低負荷時より濃い焼け具合。

うん、完璧。

R35エアフロ。吹き返しに悩んでいる人には良いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ER34 R35エアフロに交換 その2 (1/13追記) 行き当たりばったり人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる