ER34 ラジエターファンシュラウドを断熱してみた。その2





先日ファンシュラウドの穴を塞ぎ、断熱施工をしてみたところだが、この時、純正ファンに戻してとりあえずアイドリング状態だけの検証で終えたところだった。

本日(もう昨日か)通勤に合わせて走行時の検証を行った。
 ・
 ・
 ・
五月蠅い。
こんなに五月蠅かったっけ?純正ファン。
ファンクラッチを交換したから、相対的なファンスピードが上がったためだと思うが、アクセル煽るとまあ五月蠅い。
もしかしてファンの裏表逆に取り付けたか?

確認したが向きは正常。

なんかエアクリをキノコタイプにしたときと同種の五月蠅さ。
ファンシュラウドの穴も塞いだから、空気の流れも変わって余計な音も出しているのかもしれない。

慣れれば良いのだろうけど、あまりに五月蠅いので予定より早くGKTECH製ファンに交換してみた。

うん、音はこんなもんだろう。ファンの音は十分静か。
あとはアイドリング時の水温がどうなるか。
予想では、純正同等の風量と踏んでいる。
 ・
 ・
 ・
うん、110度まで上がった。orz
温度上昇速度は断熱施工前に比べると多少遅くなったが、やっぱり110度超まで水温が上がる。


さあどうしよう。
GKTECK製ファンを生かす方向でもうちょっと何か考えるか?
GKTECK製ファンをあきらめ、純正ファンで静音化を考えるか?

もしかするとファンクラッチがうまく動作していない可能性もあるのでまずはそこから検証かな?

シリーズ化になってしまう。

アッパーホースを外さずにファン交換できれば楽なんだけど。
クーラント液買ってこないと・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sinkiti
2019年08月28日 06:05
おはようございます。

純正比20℃アップは想定外ですね。
俺のも同じと考えられます。紹介したのが申し訳なく思います。
何をもって40%を謳っているのか気になります。
アイドリング時よりも走行時を重視しているのか?
純正は全域での効率を考慮している形状と思います。
GPスポーツのファンも取付できるとおもいますが出費が痛いです。

難しいですね・・・
のらくろ3等兵
2019年08月28日 20:16
sinkitiさん
こんばんは。

>純正比20℃アップは想定外ですね。
いやー。ビックリですw
いつものごとく18度全開でしたけど。

>紹介したのが申し訳なく思います。
いやいや、感謝しております。

>何をもって40%を謳っているのか気になります。
>アイドリング時よりも走行時を重視しているのか?
比較した感想ですが、GKTECH製ファンはスポーツ走行を前提にしていると考えます。
ファンの音から察するに、低抵抗を主眼にしていると。
全開走行時にデカいファンは壁になり邪魔になりますから。

>GPスポーツのファンも取付できるとおもいますが出費が痛いです。
GPスポーツ製も金があれば比較したいですけど、ファン径がSR純正と同じ径で、RB純正と比較して小さいんですよね。
なので、停車時、渋滞時は純正が一番なのかな?と。

理想はKOYO製のタンク一体の銅ラジエターに交換してGKTECH製ファンを使うことですかね。

高いんですよね、あれ。((+_+))